教養・歴史書評

『アメリカ金融仲介システムの動態』 評者・上川孝夫

    著者 神野光指郎(大阪市立大学准教授) 文眞堂 3300円

    リーマン危機から10年 過程と事象を詳細に分析

     リーマン危機から10年が過ぎたが、今年は世界大恐慌から90年目に当たる。大恐慌では全米の半分近くの商業銀行が破綻し、リーマン危機では当時の5大投資銀行が単体としてはすべて消滅した。いったい、アメリカの金融機関の活動はどのように評価すればよいのだろうか。本書はリーマン危機に至る過程を扱ったもので、時宜にかなった書物といえる。

     本書によれば、危機前にアメリカの大手商業銀行や投資銀行が目指していたのは、規模や規制の違いはあれ、…

    残り907文字(全文1172文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット