教養・歴史書評

中国史と古典から教養、話術を学ぶ入門書=加藤徹

     私が中学生だったとき、朝礼が楽しみだった。校長先生は訓話の達人だった。毎回、話は3分以内。それでいて面白い。大人の社会の奥深さをのぞかせてくれる話が多かった。

     守屋淳『本当の知性を身につけるための中国古典』(PHP研究所、1600円)を読み、朝礼の訓話を思い出した。本書は、雑誌『エスカイヤニュース』の連載から抜粋して再編集したもの。文体は「です、ます」調。4ページごとに一つの話で、それぞれ1分程度でさらりと読める。話のテーマは毎回変わるが、どれも現代に生きる私たちにつながる。中国史の人物の知恵の数々が、著者の身近なビジネスパーソンの声や生き方とともに紹介される。

     取り上げる中国史の人物は72人にのぼる。孔子や孟子、老子などの思想家、漢の劉邦や武帝のような皇帝、…

    残り556文字(全文891文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット