教養・歴史書評

アマゾンの直取引が意味するもの=永江朗

     アマゾンジャパンは書籍・雑誌・コミックについて、買い切りを条件に出版社と直接取引していく試みを年内に開始すると発表した。これが日本の出版産業にどのような影響を及ぼすのか考えてみたい。

     まず「買い切り」は珍しいものではない。というか、アマゾンに限らず、出版社・書店間においては買い切りが原則である。ただし、新刊の一部は期限を設けて返品できる。新刊委託と呼ばれるが、書店には全額請求されるので、一般的な意味での委託ではなく、正確には返品条件つき仕入れである。返品期限は書籍で105日間だ。期限を過ぎてしまうと返品できない。

     新刊委託ではない商品も基本は買い切り。だから、たとえば書店がブックフェアなどを行うために仕入れると…

    残り574文字(全文884文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット