国際・政治統計の泥沼

「毎勤」問題の核心 国民が使える統計に=斎藤太郎

    賃金動向が読みづらい
    賃金動向が読みづらい

    「毎月勤労統計」の不正問題が発覚したのは2018年末だが、筆者をはじめとしたエコノミストの多くは18年1月分の賃金上昇率が上振れした確報が公表された18年4月から同統計に悩まされてきた。

     現在も、厚生労働省のホームページで時系列データを入手しようとすると、絶望的な気持ちになる。現在と10年前の賃金水準を比較するにはどうすればよいのか。東京都の500人以上の事業所で3分の1抽出し、3倍復元を行った再集計値は12年以降のデータしか掲載されていない。再集計に必要なデータを廃棄、紛失したとされる04~11年のデータを何らかの方法で推計することによって長期時系列データの利用を可能にすべきだ。

     また、12年以降の景気回復局面における賃金上昇率はどのように計算すればよいのか。統計委員会と厚労省は「賃金の水準は本系列(17年までは旧サンプル、18年以降は新サンプル)、変化率は前年と共通するサンプルのみを比較した参考系列を重視すべき」としているが、参考系列は16年からしか存在しない。そもそも参考系列は季節調整値が存在しないので、異なる月(景気の底は12年11月、直近の実績値は18年12月)の…

    残り2376文字(全文2870文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事