テクノロジーエコノミストオンライン

民間による有人飛行と探査が始まる=鳥嶋真也

    スペースXは昨年2月、超大型ロケット「ファルコンヘビー」の打ち上げに成功し、技術力の高さを見せつけた(C)SpaceX
    スペースXは昨年2月、超大型ロケット「ファルコンヘビー」の打ち上げに成功し、技術力の高さを見せつけた(C)SpaceX

     一口に宇宙ビジネスといっても、さまざまなカテゴリーがある。

     ロケットの開発、打ち上げといったビジネスは、宇宙を利用するための前提となる事業である。この分野では、イーロン・マスク氏率いる米スペースXが高い技術をもっており、昨年2月の超大型ロケット「ファルコンヘビー」の打ち上げ成功でもそれが示された。また、ロケットの再使用による打ち上げ費用の削減も実現しつつある。さらに、2020年代には月や火星への有人飛行も計画している。

     昨年1月には米ロケット・ラボが、超小型衛星の打ち上げに特化した超小型ロケット「エレクトロン」の打ち上げに成功。従来、超小型衛星は、大型ロケットの余力を利用するなどして打ち上げられており、打ち上げ時期や軌道が選べないなど自由度が低かったが、エレクトロンの誕生により、その不便が解消されることになった。

    残り2303文字(全文2666文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット