マーケット・金融ズバリ!地域金融

金融庁が地銀にヒアリング 小手先でない地域の活性化=浪川攻/14

     地域経済の活性化、地域経済の下支えに欠かせない「地域経済エコシステム」のなかに、しっかりと自身を組み入れているのか──。金融庁がいま地域銀行に対する新たな評価軸を導入し、その状況のチェックに努めている。

     地域経済エコシステムとは「地域や、それらの企業を支援する機関、商工団体、地方公共団体などが相互に有機的に連関しながら地域経済を支える」(遠藤俊英・金融庁長官)仕組みだ。金融庁は近年、取引先企業に対する事業性評価の強化などを地域銀行に要請してきたが、それをさらに一歩踏み込んだものと言える。

     この背後には、金融業界の「事業性評価などを強化しても、産業力の向上に結び付く可能性は期待しにくく、やはり、地域の産業そのものが活性化しない限り、企業活動を底辺から押し上げることにはならない」という声に対し、「では、みなさんはそれをやっているのですか」という思いが金融庁にある。

    残り1008文字(全文1394文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事