マーケット・金融商社の深層

日本一長いつり橋実現 熱意で支えた静岡銀行=浪川攻/15

    歩行者専用のつり橋としては日本一長いという「三島大吊橋」
    歩行者専用のつり橋としては日本一長いという「三島大吊橋」

     日本一の長さを誇る歩行者専用つり橋はどこにあるか──。さしずめ、テレビのクイズ番組であれば、こんな質問となるだろう。答えは静岡県三島市にある。正式名称は「箱根西麓・三島大吊橋」。「スカイウォーク」の愛称で呼ばれている。その長さは実に400メートル。高さも70メートル。360度の大展望を楽しむことができる。

     スカイウォークを中核にして、ピクニックなどができる野外アドベンチャー施設を建設したのは、三島市が本社のフジコー(宮沢俊二代表取締役)だ。娯楽施設事業を展開している宮沢氏は2005年ごろ、地元への恩返しの思いから観光プロジェクトを一念発起した。しかし、それだけの大規模なつり橋を建設するには莫大(ばくだい)な資金が必要となる。自己資金で賄えるはずはなかった。

    残り990文字(全文1323文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事