マーケット・金融商社の深層&ズバリ!地域金融

「早期警戒制度」で地銀の懐に手を突っ込んだ金融庁=浪川攻/16 

     金融庁が4月3日に見直し改正案を発表した地域金融機関の「早期警戒制度」は従来、足元の基本的な収益指標に基づいて、収益性の改善が必要と認められる銀行にヒアリングを通じた改善努力を促していくものだった。経営環境が横ばいか上向いている局面では十分なアプローチだった。しかし、地域金融機関を取り巻くマクロ環境はそうではない。

     地域ごとに程度の差はあるが、人口・事業所数の減少が続き、経済規模が縮小傾向にある。預貸業務を主軸に置いた伝統的なビジネスモデルは経済規模の縮小によるマイナス影響とともに、不毛な金利競争の激化によって収益率も落ち込み続けている。今回の金融庁の「見直し措置」は、老朽化したビジネスモデルを変えないまま、今後も走り続けると、どれほどのダメージが経営に及ぶのかという問題を問うアプローチと言える。

    残り939文字(全文1293文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット