週刊エコノミスト Online闘論席

歴史の浅さと持続性=片山杜秀

    撮影 真野森作
    撮影 真野森作

     間宮林蔵は蝦夷(えぞ)地へ、さらに樺太へと渡り、樺太が大陸と地続きでない島であると証明した。彼は探検が趣味だったのか。そうではない。間宮は幕府隠密。北方調査は公的仕事だった。

     江戸幕府はなぜ北方に興味を抱いたか。ロシア船が出没しだしたからである。北のどこまでが日本なのか。ロシアがどこまで来ると侵略になるのか。今日の北海道や北方領土を、この国が版図として深く意識したのは、江戸時代後期からと言ってよい。

     では南の沖縄は? 江戸時代に薩摩藩の実質的支配を受けていたとはいえ、琉球王国はあくまでひとつの国家…

    残り407文字(全文659文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月26日号

    為替でわかる世界経済20 ドル・円の膠着生む 米1強とリスクオフ ■大堀 達也22 割安で放置されるドル 進まない円安 ■高島 修24 予想実質金利が示す円高進行 ■内田 稔26 「1ドル=114円」程度まで円安は進む ■佐々木 融28 為替予想で覚えたい プロが重視する5つの指標 ■市川 雅浩  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット