教養・歴史書評

『経済に「国」はいらない ジェイン・ジェイコブズを読む』 評者・服部茂幸

     ジェイン・ジェイコブズは自動車中心の画一的な近代都市計画を批判し、多様性が都市の活力を生むと論じた米国の運動家、作家である。経済や経済政策を考える時、暗黙であっても国を単位にするのが普通であるが、ジェイコブズの思想を手がかりに、都市を単位に経済成長や経済政策を考えるのが本書である。

     本書は経済成長を考える時に、国内総生産(GDP)中心、大産業中心、政治家・官僚のみが政策の主体という思考法を批判する。例えば、かつてはリゾート法の下、画一的な補助金のために、多くの自治体が同じようなリゾート開発を行い、つぶし合ったことを挙げる。また現在の大学改革は、官庁の官僚が3年で交替するために、政策に継続性がない。こうして国の政策は失敗に終わる。

     経済成長の実現のためには、生産性の向上と需要の増加が不可欠である。しかし、一つの商品だけで考えると、無限に需要が増加することは普通はない。そのため、経済成長には必然的に新しい商品を作り出し、商品を多様化させることが必要である。新たな商品の生産のためには、原材料、部品、サービスなどが必要であるし、売り先も必要である。

    残り711文字(全文1189文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット