週刊エコノミスト Online深層真相

大阪・関西万博に影 都構想とIR同時進行

    「万博の開催準備の真っ最中に、ホストシティー(主催都市)である大阪市の解体をなぜ無理やり進めるのか」「特別区移行後の大混乱の中で、万博の準備を並行してできるとは到底思えない」──。2月25日に開かれた大阪市議会の大都市・税財政制度特別委員会で、2025年の開催が決まった大阪・関西万博の準備と大阪都構想の実現が同時進行するリスクを指摘する意見が相次いだ。

     大阪市を廃止して特別区に再編する都構想は、松井一郎知事率いる大阪維新の会が掲げる看板政策。現在、制度案を作る法定協議会で、四つの特別区を置く方向で議論が行われている。都構想を実現するには府・市両議会で可決したうえで、住民投票を行う必要がある。

    残り187文字(全文486文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット