【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online書評

アメリカ 元FBI幹部、トランプを「脅威」と名指し=冷泉彰彦

 トランプ大統領告発本としては、マイケル・ウォルフ『炎と怒り』やボブ・ウッドワード『FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実』など第三者が取材を重ねたルポが主流だったが、ここへ来て司法当局者による生々しい証言が続けて出版されている。

 まず、FBI長官を解任されたジェームズ・コミー氏の回顧録『より高き忠誠 A Higher Loyalty 真実と嘘とリーダーシップ』が話題となった。ドナルド・トランプ大統領との確執を中心に、自分の立場を詳細に述べた弁明の書とも言える。

 だが、次に出版された元FBI副長官、アンドリュー・マケイブ氏の『脅威(The Threat)』は、FBIの捜査当局者として「なぜ、自分たちはトランプ大統領を捜査対象としたか?」という問題を説明しており、より踏み込んだ「政権への抗議、告発の書」となっている。

残り599文字(全文961文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事