教養・歴史書評

『アント・フィナンシャルの成功法則 “アリペイ”を生み出した巨大ユニコーン企業』 評者・田代秀敏

    著者 由曦(エコノミスト) 中信出版日本 1800円

    キャッシュレス先進国 システム成功の舞台裏活写

     中国は今や世界最大のキャッシュレス先進国である。ネギ1本でもスマホ決済で買うことができるので、日常生活で現金がほとんど用いられなくなり、人々は財布を持ち歩く習慣を失ってしまっている。

     そうしたキャッシュレス経済を実現しているインフラの重要な支柱となっているのが、中国で生まれ今や世界で約5億人が利用する世界最大のモバイル・オンライン決済システム「アリペイ」(支付宝)である。最近では日本でも多くの店舗やタクシーで、アリペイで二次元コード(QRコード)決済ができることが表示されている。

     そのアリペイを運営しているのが、世界最大の非上場企業である電子決済サービス会社「アント・フィナンシャル」(〓蟻金服)である。

    残り842文字(全文1197文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事