教養・歴史書評

中国 幻想の中に真実が どん底から中国を見る=辻康吾

 林立する超近代的ビル群、疾走する高速鉄道に目を奪われる一方、失業者の群れや極貧の山村なども確かに存在している。中国社会全体を正確に評価することは極めて難しい。その溝を埋めてくれるのが一部の文学作品である。

 最近の一例が廖亦武(リャオイウ)の『輪廻的螞蟻(輪廻(りんね)のアリ)』(2018年、台北・允晨文化公司)だった。本書は学術書ではなく、文学作品としての本来の価値は別にあるのだが、すでに邦訳が出ている『中国低層訪談録インタビューどん底の世界』(08年、集広舎、4600円)のタイトル通り、これまでの廖の作品は、中国社会を底辺から描いてきた。

 廖亦武は1958年、四川省生まれ。体制批判的詩人として活躍していたが、89年の天安門事件に際し、長詩『大屠殺』を天安門広場で発表、逮捕された。4年間の服役中、手帳にアリのような細字で作品を書き続け、ひそかに外部に送り出していた。出獄後は笛を吹きながら各地をさまよい、殺人犯、泥棒、密輸業者、占い師、同性愛者、乞食(こじき)など社会の底辺の人々に交じりながら作品を発表していたが、当局の監視と抑圧を受…

残り469文字(全文943文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事