週刊エコノミスト OnlineワシントンDC

大統領の致命傷にあらず 元側近コーエン氏の証言=古本陽荘

    有権者の受け止めもさまざま
    有権者の受け止めもさまざま

     トランプ米大統領の側近だった元顧問弁護士のマイケル・コーエン被告が2月27日に議会下院で証言し、トランプ氏を「詐欺師」「人種差別主義者」と罵倒した。2016年大統領選に絡んだ金銭やロシアとの関係に関するトランプ陣営の疑惑の輪郭がより明確になった。ただ、コーエン被告の証言が、致命的なインパクトを与えたとは言い難いのが実情だ。この公聴会でニュースにならなかった部分に注目すると、その理由が見えてくる。

     米国の議会では、公聴会が頻繁に開かれる。予算に関連し政府や軍の高官が呼ばれ説明することもあれば、今回のように疑惑追及のため民間人が招致されることもある。

    残り1163文字(全文1440文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事