資源・エネルギーワシントンDC

大統領は「石炭再生」でも温暖化対策が進む皮肉=川上直

    コスト競争力がそがれている(ノースカロライナ州の石炭火力発電所)
    コスト競争力がそがれている(ノースカロライナ州の石炭火力発電所)

     昨年7月に赴任して、ワシントンDCの冬を初めて経験した。当地の緯度は日本の仙台とほぼ同じで、厳しい寒さである。最高気温が氷点下の日も珍しくなく、まとまった雪も降る。驚いたのは、除雪能力の高さである。雪が降ると、すぐさま除雪車が出動し、幹線道路はもちろん、住宅街のそれほど大きくない道路も含めて、あっという間に除雪作業が完了するのだ。

     それだけではない。まとまった雪が降ると、連邦政府、国際通貨基金(IMF)や世界銀行などの国際機関、さらには子どもたちが通う学校なども一斉に閉鎖する。多くの企業も追随する。まず人の動きを止めておいて、その間に除雪をしてしまうのだ。2次被害も最小限にできるし、翌日から普段と変わらず出勤、通学ができる。しかも閉鎖の判断が非常に速い。日本は、無理に出勤、通学をしようとして被害を拡大させ、普段の生活に戻る…

    残り1069文字(全文1436文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事