マーケット・金融デジタル化時代になくなる銀行、残る銀行

有力地銀の参加が分けるスマホ決済網の優勝劣敗=高橋克英/3 

    銀行ペイの参加行
    銀行ペイの参加行

     銀行がキャッシュレス決済に本格参入する動きが始まった。沖縄銀行は3月、スマートフォン決済「OKIPay(オキペイ)」を始めた。銀行口座から直接引き落として決済する仕組みで利用者は横浜銀行やふくおかフィナンシャルグループ(FG)の加盟店でも決済できる。

     この銀行間連携を「黒衣」として後押ししているのが、GMOインターネットの子会社で決済代行事業を手がけるGMOペイメントゲートウェイだ。加盟店でスマホアプリを使いQRコード(二次元コード)を読み取って決済すると、銀行口座から即時に引き落とす「銀行ペイ」のシステムを銀行に提案している。銀行はこのシステムを使って銀行名を冠した独自の決済アプリを提供できる。

     銀行ペイが他のスマホ決済と最も異なる点は、銀行が発行・サービス主体であることだ。決済の加盟店を銀行本体が自力で開拓するため、決済手数料に加えてアクワイアリング(加盟店契約業務)に関わる手数料が銀行に入る。決済データも銀行のものになるため、データを活用したビジネスも考えられる。一方で、銀行は単なる提携ではなく新規事業として取り組む覚悟が必要になる。

    残り799文字(全文1277文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット