週刊エコノミスト Online闘論席

ネットでいたちごっこ=池谷裕二

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

    「鍵垢(かぎあか)」という若者独特のネット用語をご存じだろうか。「鍵アカウント」のあて字である。フェイスブックやツイッターなどSNS(交流サイト)の実名アカウントを非公開として、特定の読者(フォロワー)のみに開示することを「鍵を掛ける」という。

     とはいえ、鍵垢で展開されている話題は、アクセスが許可されているフォロワーが当人に向けて書いた内容を見れば、推測できることがある。米バーモント大学のバグロウ博士らは、ツイッターの記述を人工知能に解析させ、公開されているフォロワーのツイートから鍵垢の内容をどれほど推測できるかを調査した。

     もともと人工知能の解読力には限界がある。鍵の掛かっていない通常の公開アカウントのフォロワーを解析した場合でさえ、人工知能による推測率は64%だ。現在の人工知能の理解力はそんなレベルである。これを前提として博士らは、鍵垢の推測率がどれほどかを計測した。驚くべきことに、フォロワーのデータだけを使った場合は61%という推測率になった。つまり当人のデータが非公開でも、公開されていた場合の95%の性能が出…

    残り331文字(全文796文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット