週刊エコノミスト Online闘論席

社外取締役に天下る茶番=古賀茂明

    撮影 宮武祐希
    撮影 宮武祐希

     加計学園疑惑で注目を集めた柳瀬唯夫元首相秘書官が、昨年7月に経済産業省を退官した後、今年2月までに、NTT系とシャープ系の企業の社外取締役に就任した。

     落ち着いた国会答弁で野党の追及をかわした柳瀬氏の政権内での評判はよいそうだ。安倍晋三政権としては、官僚たちの忠誠心を維持するためにも、本来なら、柳瀬氏を経産省の次官にして報いたいところだったが、現役官僚のままだと、国会で野党の再追及を受けかねない。そこで、民間ポストで処遇することにしたのだろう。

     ここで注目すべきは柳瀬氏の天下りポストだ。これまでなら次官級キャリアの天下り先は独立行政法人の理事長や大企業の顧問などが多かった。社外取締役ではそんな高給は望めない。500万円から1000万円が相場だろう。

    残り441文字(全文770文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事