教養・歴史書評

地球の裏側まで穴を掘れ 荒唐無稽な物語に興奮=美村里江

    ×月×日

     読書日記マイルール。執筆時から発刊3カ月以内の「新刊」を選ぶこと。面白い本が複数あり、迷ったら出版社をばらけさせること。A社の本を取り上げたら、しばらくはA社以外の本を選ぶようにすること。

     このルールを飛び越えてまで紹介したかったのが、前回(2月26日号)と同じ出版社の小説『いつか深い穴に落ちるまで』(山野辺太郎著、河出書房新社、1300円)。

     焼き鳥に串を通すように、日本から地球の裏側まで穴を掘り、交通を可能にする計画……。1人の男が思いついた荒唐無稽(むけい)なこのアイデアを、戦後まもない時期の高度経済成長の波が推し進めていく。ところがその後は惰性になり、「こんなおかしなことはやめるべきだ」というつぶやきを、誰もが心のどこかに潜めながら、それでも秘めたる計画は進んでいってしまう。

    残り965文字(全文1316文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事