国際・政治

スーダン 反政府デモ拡大で混乱 「第二のアラブの春」?=アンドリュー・ウェザオール

     スーダンのバシル大統領は2月22日、全国に広がる反政府デモを沈静化するため非常事態を宣言し、内閣を解散させた。昨年末、パンの価格が3倍に高騰したことを受けて、北部の農村地アトバラを発端に首都のハルツームに至るまでデモが広がった。参加者は、就任から30年続くバシル政権の退陣と経済的困窮を訴えた。総勢数万人を動員した一連のデモは、警備隊とも衝突し、50人以上の死者を出した。

     デモの背景には、2011年にスーダンの石油生産量の4分の3を抱える南スーダンが独立したことで外貨収入が激減し、国内経済が悪化したことがある。通貨スーダン・ポンドは18年、対米ドルで85%下落し、インフレ率は70%、失業率は18%を記録した。巨額の対外借り入れの返済も滞っており、外国企業による投資も進んでいない。

    残り268文字(全文612文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事