週刊エコノミスト Onlineデジタル化時代になくなる銀行、残る銀行

給与を電子マネー払いへ 始まる銀行の「中抜き」=高橋克英/5

    給与の電子マネー払い(イメージ)
    給与の電子マネー払い(イメージ)

     厚生労働省が電子マネーでの給与支払いを解禁する検討を進めている。早ければ2019年度内にも実現すると見られている。給与の電子マネー払いが実現すれば、スマートフォンのアプリで給与を受け取り、即座にスマホで決済できるようになる。預金者にとっては給料日に現金を引き出すためにATM(現金自動受払機)の列に並ぶ必要がなくなるが、銀行にとっては個人顧客との接点喪失にもつながる。

     労働基準法では、「賃金」は現金で支払うと定めており、省令で銀行口座または証券口座での支払いも認めている。厚労省は省令を改正して、資金決済法に基づき金融庁に登録する「資金移動業者」の口座(スマホのアプリなど)への支払いも認めることを検討している。電子マネーを管理・運営する資金移動業にはLINEペイや楽天、メルペイ、ヤフーなど64社が登録している(19年2月末現在)。

    残り864文字(全文1233文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事