週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

生活困難者「1000万人」発見前夜=猪飼周平

     現在の社会保障、社会福祉、行政サービスは、極めて個別問題の解決に対応した形になっている。改善すべき問題状況が定義され、その原因が抽出され、解決策が検討され実施されるというアクションの文法を基本的な思考方法としているからである。今日では、行政・NPOなどは、さまざまな支援サービスを取りそろえるようになってきており、自分が何に困っているのかさえ、はっきりしていれば、その問題を解決したり、問題状況を改善したりしてくれる。

     だが、そもそも何か生活上困難な状況にあるときに、何に困っているのかを明確に意識したり、言語化したり…

    残り2604文字(全文2864文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット