週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

増加する「住まいが無い」若者=稲葉剛

    (出所)総務省「住宅・土地統計調査」より筆者作成
    (出所)総務省「住宅・土地統計調査」より筆者作成

    「ホームレスは減少しているが、住居喪失者は増加している」──。

     この説明を聞いて、頭に「?」が浮かぶ人は多いだろう。だが、住まいを失った生活困窮者の実態について行政が実施している複数の調査結果を総合すると、このような表現をせざるをえなくなる。

     問題は「ホームレス」や「住居喪失者」の定義にある。2002年に制定されたホームレス自立支援法によると、「ホームレス」とは「都市公園、河川、道路、駅舎その他の施設を故なく起居の場所とし、日常生活を営んでいる者」と定義されており、一言で言うと屋外で寝ている人のみが「ホームレス」として扱われている。

     昨年1月に国が実施した実態調査によると、全国の「ホームレス」数は4977人であり、1999年の調査開始以来、初めて5000人を切った。その間、官民による支援策が進んだ影響もあり、「ホームレス」数は03年のピーク時(2万4900人)に比べると、5分の1程度まで減少したことになる。近年、「ホームレス」の平均年齢は60歳を超えており、生活保護を申請することで屋外での生活から抜け出している人が多いと見ら…

    残り2436文字(全文2905文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット