週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

深刻化する単身高齢者の住宅問題=稲葉剛

     生活に困窮し、生活保護を申請する高齢者が増え続けている。厚生労働省によると、2017年度に生活保護を利用した人は約212.5万人と前年度より約2万人減少したものの、世帯数では約4000増えて約164.1万世帯となり、過去最多を記録した。実際に生活保護を利用した人は減っているのに世帯数が増えているのは、単身世帯の割合が増えていることを意味している。

     世帯類型別に見ると、生活保護世帯のうち最も多いのは高齢者世帯で約86.5万世帯(53.0%)。そのうち9割以上が単身世帯で、単身高齢者のみで約79.6万世帯(48.2%)に及ぶ。

    残り2619文字(全文2884文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット