週刊エコノミスト Online挑戦者2019

江尻祐樹 ビットキーCEO 扉の数だけビジネスがある

     民泊やカーシェアリングなどシェアリングエコノミー市場が拡大する中、スマートロックといわれるデジタルキー(電子鍵)を安く安全に普及させるサービスを展開している。

    (聞き手=藤枝克治・本紙編集長/構成=春日井章司・ジャーナリスト)

     家やオフィスの鍵をスマートフォンなどで開閉できるスマートロックは、数年前から販売されていますが、まだ一般にはなじみがありません。ドアの内側の施錠部分に後付けで取り付けるタイプが主流で、価格は1万5000円から5万円ほどと高額です。そんななかこの4月に初期費用なし、月額300円から利用できる「ビットロック ライト」を発売しました。

     ほぼ原価に近い価格ですが、当社のスマートロックが普及することで、その仕組みを利用したサービスが拡大し、その後に利益が期待できると考えています。これはかつてソフトバンクグループが格安のインターネット接続サービスでブロードバンドを普及させたのと同じ戦略です。

    残り1230文字(全文1637文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事