投資・運用最強のほったらかし投資

源流を探る インデックス投資の歴史と理論=板谷敏彦

     インデックス(パッシブ)投資とアクティブ投資という二つの投資手法がある。かつては神学論争のようにその是非が議論されたものだが、現在ではその特徴に従ってすみ分けができていると考えてもよいだろう。

     今回はインデックス投資への理解を深めるために過去の歴史を振り返ってみたい。

     昔から株式運用のプロを自認する者は存在していたが、19世紀の終わりごろから資本市場の発達とともに今日的な投資信託などの諸制度が整ってきた。

     投資家がプロに運用を委託するようになると、その運用成績に対して果たして代価に見合うものなのかどうか疑問が出てくることになる。

    残り2579文字(全文2847文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事