板谷敏彦氏

板谷敏彦氏

作家

1955年西宮市生まれ。関西学院大学経済学部卒業。石川島播磨重工業船舶部門を経て日興証券へ。ウォール街勤務が長い。その後内外大手証券会社幹部を経て、2006年にヘッジファンド設立。現在作家として活動している。著書に『日露戦争、資金調達の戦い』、『金融の世界史』(ともに新潮選書)、『日本人のための第一次世界大戦史』(毎日新聞出版)。

掲載記事 81件

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月25日号

契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ PR

最新の注目記事

ザ・マーケット