週刊エコノミスト Onlineエコノミストオンライン

キャッシュレス比率は実質5割 低所得層ほど現金志向=翁百合

    乱立する日本のキャッシュレスサービスが普及を阻んでいる?
    乱立する日本のキャッシュレスサービスが普及を阻んでいる?

     政府は昨年6月、現在21.0%(2017年時点)のキャッシュレス比率を2027年までに4割まで引き上げる目標を未来投資戦略で掲げた。しかし、この約2割という数字の分子はクレジットカード、デビットカード、電子マネーのみで、全体の家計消費支出額を分母として算出している。この数字が唯一国際比較可能なため、これを利用しているが、この数字でみる限り日本は先進国の中でドイツに次いで下から2番目のキャッシュレス最後進国である。

     しかし、経済産業省は、この数字にはそもそも課題が4点あると当初から指摘していた。(1)分母に持ち家の帰属家賃を含んでいる。また、(2)分子に銀行口座間送金が含まれていない、(3)スマホアプリを利用したサービスが含まれていない、(4)分子にコーポレートカードの利用が含まれている──の4点である。

    残り2691文字(全文3048文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事