経済・企業エコノミストオンライン

「ガバナンス不全」のLIXIL 潮田CEOのメールに対立の一端=岩村宏水/編集部

    現場は何を思うのか……(Bloomberg)
    現場は何を思うのか……(Bloomberg)

     発端は昨年10月31日、本来は中間決算発表のはずだった記者会見で、唐突に発表されたトップ人事だった。瀬戸氏のCEO退任と潮田氏の復帰に加え、社外取締役の山梨広一氏が11月1日付でCOO(最高執行責任者)に就いたが、3カ年(2019年3月期~21年3月期)の中期経営計画がスタートしてまだ半年余りのタイミング。交代の理由もあいまいで、社内や取引先、株主など利害関係者に戸惑いや懸念が広がった。

     そもそも、瀬戸氏は潮田氏が招聘(しょうへい)した「プロ経営者」だ。瀬戸氏は住友商事を経て工具のネット販売会社MonotaRO(モノタロウ)を創業。東証1部上場へと押し上げた実績を買われ、16年1月に社長兼CEOに就任した。それも、同じく潮田氏の招聘で、米ゼネラル・エレクトリック(GE)上席副社長からLIXIL社長兼CEOに転じた藤森義明氏の後を継いだ形だったにもかかわらずだ。瀬戸氏と潮田氏の間に…

    残り3166文字(全文3562文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット