週刊エコノミスト Online独眼経眼

日銀短観が示すのは内需の底堅さ=足立正道

    図1 日銀短観の業況感は低下している
    図1 日銀短観の業況感は低下している

     4月1日公表の日銀短観をみると、注目度が高い大企業製造業の業況判断DIは昨年12月から7ポイント低下して12となった(図1)。業況判断DIとは、自社の経営状態が「良い」と答えた企業の比率と「悪い」と答えた企業の比率との差だが、12という水準自体は2013年以降の平均である13・1をやや下回る程度でそれほど低いわけではない。ただ、低下幅は前回の景気後退期終盤であった12年10~12月期の9ポイント以来の大きさだ。昨年末に明らかになった中国向けを中心とする外需の弱さとそれに伴う減産が業況感に反映されたとみていいだろう。

     しかし、日銀短観全体をみると、もう少し違った姿が浮かび上がる。まず、全産業・全規模の業況感は意外と…

    残り776文字(全文1087文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット