週刊エコノミスト Online独眼経眼

日銀短観が示すのは内需の底堅さ=足立正道

    図1 日銀短観の業況感は低下している
    図1 日銀短観の業況感は低下している

     4月1日公表の日銀短観をみると、注目度が高い大企業製造業の業況判断DIは昨年12月から7ポイント低下して12となった(図1)。業況判断DIとは、自社の経営状態が「良い」と答えた企業の比率と「悪い」と答えた企業の比率との差だが、12という水準自体は2013年以降の平均である13・1をやや下回る程度でそれほど低いわけではない。ただ、低下幅は前回の景気後退期終盤であった12年10~12月期の9ポイント以来の大きさだ。昨年末に明らかになった中国向けを中心とする外需の弱さとそれに伴う減産が業況感に反映されたとみていいだろう。

     しかし、日銀短観全体をみると、もう少し違った姿が浮かび上がる。まず、全産業・全規模の業況感は意外と堅調だ。3月時点の業況判断DIは12と大企業製造業と並んだが、13年以降の平均である8.3を上回っているほか、昨年12月からの低下幅も4ポイントと大企業製造業に比べれば小幅にとどまっている(図1)。昨年中もほぼ横ばいだったことは、昨年10~12月期の実質GDP(国内総生産)前年比が潜在成長率を明確に…

    残り626文字(全文1087文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット