経済・企業同族経営の底力

「文明堂」が進めた経営統合 婿への承継も合理的な選択肢=編集部/相山豊/3

    (出所)文明堂東京への取材より編集部作成
    (出所)文明堂東京への取材より編集部作成

     同族企業にとって永遠の課題は、後継ぎ問題だ。長年続いてきた老舗はこの問題をどう解決してきたのか。

    「カステラ一番、電話は二番、三時のおやつは文明堂」のCMで知られるカステラの老舗、文明堂。中川安五郎氏が1900年に長崎市で創業し、実弟の宮崎甚左衛門氏が本店のノウハウを持って1922年に東京に進出して以降、麻布、新宿、日本橋、銀座など各地に「のれん分け」をして拡大していった。その過程で、甚左衛門氏はそれぞれに独立した会社として運営させ、トップに娘婿や婿養子らをあてがった。以降、承継の選択肢として「婿」が定着している。

     のれん分けした東京の店が2014年に再統合した「文明堂東京」の大野進司社長(43)も婿。東京進出を果たした甚左衛門氏から数えて4代目だ。

    残り1968文字(全文2297文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事