経済・企業同族経営の底力

非上場ゆえの長期戦略 赤字の「無添加石けん」「ビール」=編集部/相山豊/2

     同族経営の強みは何か。その一つは、サラリーマン社長と異なり、経営トップが長年にわたって会社のかじ取りをするため、長期的な経営方針で運営でき、ブランド力を高められる点だ。

     無添加石けんのトップメーカー「シャボン玉石けん」(北九州市)は2代目社長の森田光徳氏(故人)が17年間赤字が続いても、化学物質や合成添加物を使わない「無添加」にこだわり続けた。「環境にやさしい」というイメージを浸透させて黒字に転換し、現在は年商67億円に上る。

     当初から無添加石けんを扱っていたわけではなかった。光徳氏は洗濯機の普及が進んだ高度成長期、他社に先駆けて合成洗剤を販売し、会社を急成長させていた。しかし1974年、そんな「ドル箱」の合成洗剤の販売を一切やめる。きっかけとなったのは、大口取引先の国鉄(現JR九州)から「合成洗剤で車両を洗っているがさびやすい。天然油脂で作った高純度の粉せっけんを作ってほしい」という依頼だった。

    残り1946文字(全文2351文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事