経済・企業同族経営の底力

非上場ゆえの長期戦略 赤字の「無添加石けん」「ビール」=編集部/相山豊/2

     同族経営の強みは何か。その一つは、サラリーマン社長と異なり、経営トップが長年にわたって会社のかじ取りをするため、長期的な経営方針で運営でき、ブランド力を高められる点だ。

     無添加石けんのトップメーカー「シャボン玉石けん」(北九州市)は2代目社長の森田光徳氏(故人)が17年間赤字が続いても、化学物質や合成添加物を使わない「無添加」にこだわり続けた。「環境にやさしい」というイメージを浸透させて黒字に転換し、現在は年商67億円に上る。

     当初から無添加石けんを扱っていたわけではなかった。光徳氏は洗濯機の普及が進んだ高度成長期、他社に先…

    残り2085文字(全文2351文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット