週刊エコノミスト Online書評

ベストセラーを置かない本屋の、次の手=永江朗

    大阪・心斎橋にあった「スタンダードブックストア」
    大阪・心斎橋にあった「スタンダードブックストア」

     大阪・心斎橋の「スタンダードブックストア」が4月7日で閉店した。同店は「本屋ですが、ベストセラーはおいてません。」というキャッチコピーで知られ、若者が集まる“アメリカ村”の象徴的書店だった。閉店の理由は入居するビル側の都合。

     2006年開店のスタンダードブックストアは、近年、全国で増えている新しいタイプの書店の先駆け的存在だった。約940平方メートル(のちに約610平方メートル)の店内に雑貨と書籍・雑誌を混在させ、食事もできるカフェスペースでは作家を囲むトークイベントを活発に開催してきた。

     もっとも、スタンダードブックストアがなくなるわけではない。中川和彦社長は次の店舗を準備中だ。規模は大幅に縮小して130平方メートル程度にして、扱う書籍と雑貨も厳選する。そして、キーワードとなるのが“立ち飲み”である。

    残り394文字(全文751文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット