週刊エコノミスト Online闘論席

ここでも「問題は日本」=池谷裕二

     発症してからでは遅い。健康なうちに先手を打つべし──。予防医学がうたわれる近年だが、いまだに体調の異変に気づいてから病院に足を運ぶ人が多い。

     現存する中国最古の医学書『黄帝内経(こうていだいけい)』に収録された「素問・四気調神大論」には「聖人不治已病治未病」(訳:聖人は既病を治すのではなく未病を治す)と記され、「未病」という概念が提唱されている。

     未病のブームは臨床だけではない。基礎研究界でも病気の研究から「健康」の研究にかじを切っている。これまでは疾患を解明することで治療に役立てようというアプローチが主流だった。しかし改めて考えてみれば、患者の数より健常人のほうが圧倒的に多い。健康について理解が進んでいないということは、人間という生命体の動作原理が解明されていないに等しい。

    残り416文字(全文759文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事