週刊エコノミスト Onlineグローバルマネー

迷走する日本経済を直視しない政治

    日本がアジアで最も豊かな時代は過ぎ去ったが・・・・・・(Bloomberg)
    日本がアジアで最も豊かな時代は過ぎ去ったが・・・・・・(Bloomberg)

     平成の30年間、さまざまな困難が日本経済を襲ったが、この間の経済政策は、迷走を続け今日に至っている。そしてアベノミクスは迷走に、さらに拍車をかけているようにみえる。

     最大の問題は、謙虚に経済の現実を直視してこなかったことだろう。日本経済はもはや規模のうえで、かつてのような経済大国ではない。世界全体のGDP(国内総生産)に占める日本のシェアはこの間、16%から6%程度に落ち込んだ。それでも、日本はアジアで最も豊かだと誤解している人がいるが、1人当たりの所得ではシンガポールに大きく離され、香港に抜かれて韓国に迫られている。

     だが、経済規模は単にフランスやイギリス並みの普通の国になったということであり、決して悲観することで…

    残り727文字(全文1040文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット