週刊エコノミスト Online2040年の社会保障を考える

国民医療費が増加する「意外な要因」=康永秀生

    (出所)The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE 2000年5月11日号(Volume 342:1409~15ページ)より筆者作成
    (出所)The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE 2000年5月11日号(Volume 342:1409~15ページ)より筆者作成

     国民医療費の増加により、医療保険制度の持続性を懸念する声が高まっている。今回はこの問題について論じる。

     これまで国民医療費増加の原因とされてきたものとして、(1)医療保険の普及、(2)経済成長、(3)医師誘発需要(後述)、(4)人口高齢化、(5)医療技術の進歩などが挙げられる。

     ハーバード大学のジョセフ・ニューハウス教授らの研究によれば、これらの要因が1960~2007年のアメリカの国民医療費上昇に果たした寄与度は、(1)医療保険の普及が10.8%、(2)経済成長が28.7~43.1%、(3)医師誘発需要はほぼゼロ、(4)人口高齢化が7.2%、 (5)医療技術の進歩が27.4~48.3%と推計された。

     日本の場合、「医療保険の普及」は国民医療費増加の要因には当たらない。なぜなら日本は61年に国民皆保険を確立しており、それ以降の医療費の上昇に「医療保険の普及」は関与していないからだ。

    残り2460文字(全文2857文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット