週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

俳優業を天職とは思えない。監督をする準備だったのではと、ふと思う瞬間がある=水谷豊 映画監督・俳優/743

     俳優の水谷豊さんの2作目の監督作「轢き逃げ─最高の最悪な日─」が公開中だ。今回は自ら脚本も書いた。テーマは「人間の嫉妬」。なぜ嫉妬だったのか。

    (聞き手=りんたいこ・ライター)

    水谷 嫉妬することそのものは、決して悪いことではないと思います。気付いたら嫉妬しているわけですから、どうにもならないことなのです。大事なのは、嫉妬したあとに自分がどうなるかということ。嫉妬は、人を成長させもすればだめにもする。どちらへ行くのだろうということがテーマになると思いました。

    水谷 この発想がどこから来たのか、実は僕もよく分からないのです。

     嫉妬をテーマにしようと思った時に、そうだ、学生時代から仲のいい2人がいて、1人がすべてにおいて優れ、もう1人はちょっとお調子者。だけどお互い気が合っている。その2人が同じ建設会社に入って、優秀なほうの青年が副社長に気に入られ、その娘と結婚する。その優秀な青年がひき逃げ事件を起こしたら、どうなるんだろう。そうだ、結婚するということは、ひき逃げ事件が起きるのは結婚式の前がいい。そうなると当然、結婚式…

    残り4181文字(全文4643文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット