週刊エコノミスト Online書評

卸値60%! 波紋呼ぶ幻戯書房の決断=永江朗

     文芸書の出版で知られる幻戯書房が、取次(販売会社)や書店への卸値を本体価格の60%にすると宣言して、大きな話題となっている。

     一般的には、出版社から取次への卸値(出版業界では「正味」と呼ぶ)は本体価格の67~69%程度、取次から書店への卸値は同78%程度であることが多い。販売マージンは、取次が7~8%、書店が22%だ。この卸値を大幅に引き下げると出版社が宣言したのだから驚く。取次と書店の利益は増えるが、当然、幻戯書房の利益は減ることになる。

     なぜ自分の身を削るようなことをするのか? 書店・取次が疲弊していて、このままでは出版界が丸ごと崩壊…

    残り608文字(全文881文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット