週刊エコノミスト Online書評

卸値60%! 波紋呼ぶ幻戯書房の決断=永江朗

     文芸書の出版で知られる幻戯書房が、取次(販売会社)や書店への卸値を本体価格の60%にすると宣言して、大きな話題となっている。

     一般的には、出版社から取次への卸値(出版業界では「正味」と呼ぶ)は本体価格の67~69%程度、取次から書店への卸値は同78%程度であることが多い。販売マージンは、取次が7~8%、書店が22%だ。この卸値を大幅に引き下げると出版社が宣言したのだから驚く。取次と書店の利益は増えるが、当然、幻戯書房の利益は減ることになる。

     なぜ自分の身を削るようなことをするのか? 書店・取次が疲弊していて、このままでは出版界が丸ごと崩壊しかねないからだ。社会のデジタル化にともなうライフスタイルの変化や人口減少などによって、出版市場は最盛期の半分以下になった。従来の薄利ではもはややっていけない。毎日、平均3店のペースで書店が閉店している。出版社にとっては商品の販売拠点が激減していくことを意味する。

    残り476文字(全文881文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット