教養・歴史書評

『本当にわかる世界経済』『仮想通貨時代を生き抜くための「お金」の教科書』『他力の哲学』『京大的アホがなぜ必要か』

     世界経済の現状をコンパクトに解説した入門書だが、「世界経済を突き動かす要因」で各章をまとめている。その要因とは、雇用の縮小を招く「グローバル化」、実体経済と乖離(かいり)して膨張した「マネー」、先進国が陥った「低成長と低インフレ」、先進国内にも広がってきた「富の偏在」、解決の難しい「環境破壊」などだ。経常収支、株価、金利、為替などのデータも豊富。一冊通しての読み方だけでなく、知りたいことを調べる際の辞書としても使えそう。(T)

     一気に盛り上がり、あっという間にしぼん…

    残り744文字(全文980文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット