週刊エコノミスト Online復活する会社

メガネスーパー 安売りやめ「目の健康」に焦点当てる=大宮知信/5

    店舗ではアイケア(目の健康)を前面に出している
    店舗ではアイケア(目の健康)を前面に出している

     メガネスーパー(東京都中央区)は、ピーク時の2007年には540店舗を構え、380億円の売上高を誇る巨大チェーンだった。しかし、2000年代に新興勢力が価格破壊を打ち出して急成長。メガネスーパーは高コスト体質のまま低価格競争を続け、08年4月期から8年連続の営業赤字、賞与は8年間凍結というどん底に陥ってしまった。

     12年に創業家から投資ファンドのアドバンテッジパートナーズに経営権が移り、経営改革が進められたが赤字は歯止めがかからなかった。13年4月期には売上高が160億円にまで落ち込んだ。そこへ送り込まれたのが星崎尚彦氏。三井物産を経て、スイスのビジネススクールでMBA(経営学修士)を取得し、スイスの宝飾会社、イタリアのブランド靴メーカー、米国のスノーボードの会社などで、経営再建を手がけてきた。

    残り2135文字(全文2488文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事