投資・運用5Gで上がる日本株

半導体 高速通信実現へ機能向上 住友電工が窒化ガリウム=編集部

 5Gの高速通信を実現するために必要なデバイスが半導体だ。通信速度の進化は半導体の進化と相乗関係にある。微細化技術の進展で、半導体の計算能力や記憶容量が高まり、5G通信を下支えする。「今年の半導体市況は踊り場だが、来年の5Gの本格普及に向けて、半導体と製造装置・材料は潤っていく」と楽天証券経済研究所の今中能夫チーフアナリストは語る。

 半導体では、高い計算処理を実現し、なおかつ現場での仕様変更に対応できる「FPGA」(Field Programmable Gate Array=開発現場で書き換え可能な集積回路)の需要が高まっている。FPGAは米ザイリンクスの独壇場だが、日本ではザイリンクス販売代理店のPALTEKの業績向上が期待されている。

残り1039文字(全文1362文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事