週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

J史上最年少監督 「日本人の努力や根性は欠点でもある。日独の良さを融合させたサッカーを」=シュタルフ・悠紀・リヒャルトYSCC監督/745

     ドイツで生まれ日本で育ち、11カ国を渡り歩いてプレーした34歳の青年監督が今、サッカーJ3(3部リーグ)で采配を振っている。Jリーグ最年少で就任した監督の波乱に満ちたキャリアが、日本サッカーに新たな風を吹き込む。(聞き手=元川悦子・ライター)

    シュタルフ 今季のJ3は、ほぼ全員がプロ選手のギラヴァンツ北九州、J1の若手チームのセレッソ大阪U─23など、さまざまなチームが混在しています。我々はチーム人件費合計3000万円で、ほぼ全員が働きながらプレーする小さなクラブ。それを考えれば、とても健闘していると思います。

     今季の目標は「1ケタ順位・2ケタ勝利」。前半戦17試合の目標は勝ち点19なので、残り8試合が3勝1分けなら目標はクリアできます。全試合が下克上なのでハードルが高いのは確かですが、今はチームの総合力を上げることが第一。3年後の22年にJ2に昇格できるよう、底上げを図りたいです。

    残り4427文字(全文4824文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット