週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

J史上最年少監督 「日本人の努力や根性は欠点でもある。日独の良さを融合させたサッカーを」=シュタルフ・悠紀・リヒャルトYSCC監督/745

     ドイツで生まれ日本で育ち、11カ国を渡り歩いてプレーした34歳の青年監督が今、サッカーJ3(3部リーグ)で采配を振っている。Jリーグ最年少で就任した監督の波乱に満ちたキャリアが、日本サッカーに新たな風を吹き込む。(聞き手=元川悦子・ライター)

    ── 2014年からJ3に参戦しているYSCC(横浜スポーツ&カルチャークラブ)ですが、過去5年間は一度も1ケタ順位で終われず、今季も9試合で勝ち点9の16位(5月19日現在)と苦しい序盤戦を強いられています。

    シュタルフ 今季のJ3は、ほぼ全員がプロ選手のギラヴァンツ北九州、J1の若手チームのセレッソ大阪U─23など、さまざまなチームが混在しています。我々はチーム人件費合計3000万円で、ほぼ全員が働きながらプレーする小さなクラブ。それを考えれば、とても健闘していると思います。

     今季の目標は「1ケタ順位・2ケタ勝利」。前半戦17試合の目標は勝ち点19なので、残り8試合が3勝1…

    残り4411文字(全文4824文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット