週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

「栄一は今の日本にめちゃくちゃ怒ると思います」 高祖父の思想を受け継ぐ=渋沢健・コモンズ投信会長/746

     5年後に発行される新1万円札の肖像に渋沢栄一が決まった。明治維新後、新生日本の国力作りのため「第一国立銀行」など約500の企業の創立に携わった「日本の資本主義の父」。やしゃごの健氏が高祖父を語る。

    (聞き手=山崎博史・ジャーナリスト)

    渋沢 自分の高祖父ですからね、驚きましたよ。しかも、令和の元号発表の約1週間後のことで、新しい時代へのメッセージを感じました。1000円札の北里柴三郎さんはライフサイエンス、5000円札の津田梅子さんは女性を代表する方。そして栄一の3人は、サステナビリティー(持続可能性)のある社会を作るのに必要な研究・教育・実業を象徴するようで、スマートさを感じました。

     特に、経済人がお札の肖像になるのは世界でも珍しい。いま資本主義に対し、世界中で格差社会の元凶として反発が広がる中、日本は最高額の紙幣の顔として「日本の資本主義の父」を選んだ。外国人が新1万円札を見て、この人だれ? となった時、「道徳経済合一説を唱えた人」と説明できる意味は大きいと思います。

    残り4341文字(全文4782文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット