週刊エコノミスト Onlineチャイナウオッチ 中国視窓

米中貿易戦争は「持久戦」に 毛沢東理論を応用、反攻狙う=金子秀敏

    中国側の交渉責任者を務めた劉鶴副首相(左)。「持久戦」はいつまで続くか(Bloomberg)
    中国側の交渉責任者を務めた劉鶴副首相(左)。「持久戦」はいつまで続くか(Bloomberg)

     米中両政府が5月9、10日にワシントンで開いた第11回閣僚級通商協議が不調に終わった。米国側は追加関税の引き上げに踏み切り、中国側も報復措置を発表。トランプ米大統領はさらに「対中制裁第4弾」の「すべての中国製品に対する追加関税」の準備を指示した。昨年3月に始まったトランプ大統領と習近平・中国国家主席のチキンゲームは妥協できないまま、果てなきらせん階段のような回路にはまりこんだ。

     トランプ氏と習氏は6月末、大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議で米中首脳会談を開き、出口を探ると見られる。しかし、中国の官製メディアは、中国のスタンスを「話し合いつつ攻撃する」と解説しており、会談が和解の場ではなく対立の長期化を確認する場になると見ている。

    残り986文字(全文1313文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット