国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

「駆け込み」で強まる環境規制 ノウハウ持つ日系企業に商機=真家陽一

    環境に配慮した工場運営を迫られる(Bloomberg)
    環境に配慮した工場運営を迫られる(Bloomberg)

    「汚染防止と『小康社会』の全面的な構築に向け、重大な時期にある」。5月17日に湖北省で開かれた環境問題に関するシンポジウムで、中国の環境政策を担う李幹傑・生態環境相はこう強調した。

     中国共産党は「二つの100年」という目標を定めている。一つは、党結成から100年目の2021年までに、経済的に多少ゆとりのある「小康社会」の構築を全面的に完成させること。もう一つは中華人民共和国の建国から100年目の2049年までに社会主義近代化国家を建設することだ。前者には環境汚染の改善が含まれており、習近平政権は17年12月の中央経済工作会議で、金融リスクの防止、貧困脱却と並び、汚染防止にも3年かけて取り組むと表明した。

    残り970文字(全文1275文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット