週刊エコノミスト Online独眼経眼

米中摩擦でセンチメント悪化に要警戒=足立正道

     米中間の貿易摩擦が再燃した。昨年から本格化した両国間のあつれき(新冷戦)は、11月末の首脳会談を経て停戦状態となっていたが、トランプ大統領が今年5月5日に突如ツイッターで関税引き上げ宣言をしたことで、状況は大きく変わった。市場のコンセンサスは「5月末の通商交渉合意もあり得る」といった楽観的なものであっただけに、市場が受けたショックは大きかった。

     ただ、交渉自体が決裂したわけではなく、トランプ大統領は6月28~29日に大阪で開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、習近平国家主席と会談すると述べている。市場では「これ以上の関係悪化はない」との見方が依然として有力だ。万が一、事態が悪化しても米連邦準備制度理事会(FRB)や主要国の中央銀行が利下げ・緩和をするだろうとの期待もあり、欧米株価の下落は今のところ限定的になっている。

    残り695文字(全文1065文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事