週刊エコノミスト Online独眼経眼

消費増税後に内外需総崩れのリスク=斎藤太郎

    図1 実質GDP成長率の内外需寄与度
    図1 実質GDP成長率の内外需寄与度

     5月20日に内閣府が公表した2019年1~3月期のGDP(国内総生産)1次速報では、実質GDPが前期比年率2.1%増となり、ほぼゼロ成長とされていた事前の市場予想を大きく上回った。ただし、高成長の理由は国内需要の低迷を反映した輸入の大幅な落ち込みと最終需要の弱さに起因する民間在庫の積み上がりで、内容は悪い。景気は18年度末にかけて悪化したと判断される。

     輸出、生産が大きく減少しているにもかかわらず、日本経済全体の落ち込みが回避されているのは、個人消費、設備投資などの国内需要が一定の底堅さを維持しているためだ。1~3月期は外需が前期比で大幅なプラスとなる一方、国内需要はほぼ横ばいにとどまったが、四半期ごとのブレをならすために前年同期比で見ると、18年7~9月期以降は外需のマイナスを国内需要のプラスがカバーする形となっている(図1)。

    残り690文字(全文1061文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事