週刊エコノミスト Online独眼経眼

「デフレ脱却」4指標が総崩れ=藤代宏一

    図1 GDPデフレーターは4四半期移動平均ではマイナスに
    図1 GDPデフレーターは4四半期移動平均ではマイナスに

     2018年以降、実質国内総生産(GDP)成長率は減速傾向にあり、足元のトレンドはゼロ%台前半にある。19年1~3月期(5月20日発表、1次速報値)は、輸入減少という特殊要因に押し上げられてプラス成長となったが、個人消費、輸出、設備投資はいずれもマイナスで、実質的にはゼロ成長という評価が妥当だ。

     こうしたなか、5月には内閣府の景気動向指数の基調判断が6年2カ月ぶりに「悪化」へと引き下げられた。政府が発表した月例経済報告も総括判断こそ「緩やかに回復」との表現が維持されたものの、各論では明確に下方修正された。1年ほど前は、政府がアベノミクスの成果をアピールするためデフレ脱却宣言をするとの見方も出ていたが、目下のところそうした気配は感じられない。それどころか、再びデフレの脅威にさらされている状況だ。

     政府が重視するデフレ脱却4指標((1)GDPデフレーター、(2)消費者物価、(3)GDPギャップ、…

    残り662文字(全文1063文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット