法務・税務2040年の社会保障を考える

「異次元の子育て」でデフレ払拭 インタビュー 玉木雄一郎・国民民主党代表 本誌版「社会保障制度審」第18回

    「デフレの根っこには『人口のデフレ』がある」
    「デフレの根っこには『人口のデフレ』がある」

     出生率の低下に歯止めをかけると同時に、低迷する個人消費の喚起も狙い、第3子に対して1000万円を給付する「コドモノミクス」を打ち出した。政策の中身と効果を聞いた。

    ── なぜ、今「コドモノミクス」なのか。

    ■今、日本の最大の問題の一つが少子化だ。人口構造の変化によって社会保障制度にひずみが生じ、地方での過疎も深刻になっている。いずれも人口減少と少子化に起因する。しかし、政治家はしっかりと投票所に赴く高齢者向けの政策ばかりを考え、少子化の問題を30年、40年と先送りにしてきた。そろそろ、本当の構造改革をしないといけない。

     政府と日銀はデフレからの脱却を唱えて、異次元の金融緩和政策を行っているが、デフレの一番の根っこには、「人口のデフレ」がある。だから、経済もデフレになる。そこに、正面から向き合っていく。

    残り2471文字(全文2825文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット